1. HOME >
  2. 診療部門の紹介 >
  3. 整形外科

診療部門の案内

整形外科

整形外科のご紹介

 当科は、3名の常勤医師と5名の長崎大学応援医師が毎日、曜日担当で整形外科全般の診療を行っております。当院では関節外来(膝・股関節、膝スポーツ外傷など)に力を入れており、長崎大学病院整形外科と連携し各種手術及び、手術後のリハビリテーションを行っております。手術室には無菌室があり、人工関節手術を行っています。


当院の特色として 一般病棟と回復期病棟の併設があります。人工膝関節置換術・人工股関節置換術・大腿骨骨折などの患者さんの場合、一般病棟で手術等の急性期の治療を受け、その後リハビリテーションを回復期病棟で一貫して長期間行うことが出来ます。

また、脊椎圧迫骨折・骨盤骨折(恥骨骨折、坐骨骨折)など手術の必要がない患者さんについても、比較的長期間のリハビリ入院治療か可能です。お気軽に地域連携室へご相談頂ければ幸いです。


主な診療内容

 膝半月板損傷   (鏡視下半月板縫合・切除術)
 膝前十字靭帯断裂 (鏡視下十字靭帯再建術)
 変形性膝関節症  (脛骨骨切り術、人工膝関節置換術)
 変形性股関節症  (人工股関節置換術)
 大腿骨転子部骨折 (骨接合術)
 大腿骨頚部骨折  (人工骨頭挿入術、骨接合術)
 上肢の骨折
 下肢の骨折
 各種スポーツ障害


 骨粗鬆症に伴う脊椎の圧迫骨折

 骨粗鬆症に伴う骨盤骨折


午後の外来診療について
 外来時間内は対応出来るようにしておりますが、午後は手術を行っており対応できないこともままあります。午後の診察をご希望の場合は、整形外科外来スタッフへ電話にてご確認ください。


そ の 他
 他院でMRIやCT検査など画像検査を受けられた方は、可能であれば画像データをご持参ください。